大阪市へのアクセスが便利

住宅模型

豊富な住宅供給

大阪の東北に位置する街で淀川が流れる寝屋川市、大阪市のベッドタウンとして発展しています。大阪市の中心部から15キロ程度の距離にある街で、通勤や通学に大変便利なエリアです。不動産はマンションや一戸建てなどバリエーションも豊富です。寝屋川市は高槻市や摂津市、枚方市などに接して隣接する都市の住宅供給も担っています。市内に淀川が流れ市の西側は平野部になっており不動産開発に適した地形です。生駒山系からの市の東部の丘陵地帯もそれほど高い地形ではなく、住宅開発が行われています。寝屋川市はなだらかな地形なことから、自転車での移動も容易でサイクリングコースも整備されています。週末ともなると多くの自転車愛好家や家族連れが自転車で楽しむ姿を見かけます。寝屋川市は商業が発達しており、大型の商業施設も京阪寝屋川市駅前や香里園駅前などに数多く集まっています。寝屋川市駅や香里園駅は再開発も行われ、大型の商業施設や医療施設、マンション建設などが行われています。不動産開発も活発に行われていて、他の地域からの移住も多くなっています。特に香里園駅東地区は高層マンションの建設も計画されていて、利便性の高い街づくりが行われています。寝屋川市は大阪市へのアクセス性が高く、平坦な地形で不動産開発も活発です。ファミリー層を中心に人気の高いエリアとなっています。再開発地域が特に人気が高くなっていますが、古くからの住宅地も良質な中古物件を供給しています。